2017年5月19日金曜日

Webメディア・ITシステム科 学生インタビュー 「今年の1年生」に聞きました!!

皆さん、こんにちは☺☺

コンピューターのシステムに興味がある人だけではなく、スマホのアプリやゲーム、アニメなどからコンピューターに興味を持った人達も多数在籍している福岡カレッジ・オブ・ビジネスの「Webメディア・ITシステム科」


今日は、今年の春からWebメディア・ITシステム科で頑張っている竹崎百花さん(福岡県/折尾高等学校出身)にインタビューしました。




                                ※写真右側が竹崎さん

Q1 まず初めに、Webメディア・ITシステム科へ入学したのは、どうしてですか?

A1 私が家に帰ってまずやることは、パソコンの電源を入れることです。それくらい、パソコンが好きです。なので、コンピューター系の専門学校へ進学しようと思っていました。その中で、福岡カレッジ・オブ・ビジネスのWebメディア・ITシステム科を選んだ理由は、専門分野だけではなく、コンピューターに関して、色々なことをまんべんなく学んでみたかったからです。


Q2 好きな(お勧めの)アニメ・漫画があれば、教えてください。

A2 テニスの王子様、スタシュ、ハタリアが好きです。
特にテニスの王子様で「準決勝のDI vs 金色」のシーンが大好きです。


Q3 将来、どのような仕事に就きたいとか、決まっていますか?

A3 まだ、入学して1ヶ月ちょっとなので、はっきりと決まっていませんが、プログラマーWeb系のクリエイターになりたいと思っています。





入学して、まだ間もない竹崎さんにインタビューを行いました。
パソコンが大好きだということは、実際に話していて、とても伝わってきました。
また、Webメディア・ITシステム科には、ゲームやアニメが好きな学生が多いので、竹崎さんのお勧めの作品についても、教えてもらいました。
コンピューターの世界は幅広いので、広く深く学べるWebメディア・ITシステム科で、2年間頑張って欲しいと思います!
竹崎さん、ありがとうございました☆




2017年5月18日木曜日

医療管理科 学生インタビュー 「学外実習」体験!!

皆さん、こんにちは😄😄




昨年から福岡カレッジ・オブ・ビジネスの新しい学科としてスタートした「医療管理科」




その医療管理科カリキュラムの特長のひとつに、実際に病院などの医療機関での仕事が体験できる「学外実習」があります。



今日はその「学外実習」を終えた学生にインタビューを行いました。
インタビューを受けてくれたのは、医療管理科2年生蓮香美咲さん(鹿児島県/国分中央高等学校出身)です



Q1 学外実習では、どのような仕事をしましたか?

A1 カルテの整理保険証入力のチェック受付業務を行いました。




Q2 「学外実習」と学校の授業を通して、何か感じたことはありましたか?

A2 実際の仕事内容が分かったし、自分の将来のイメージを持つことができたので、その点は良かったと思います。





Q3 「学外実習」を経験した後、今後の医療管理科での学び方について何か気持ちの変化はありましたか?

A3 取得したい資格が増えました。「学外実習」で実践できるように、いろんな知識を身につけておきたいと思いました。






実際の医療機関での実習期間は緊張感もあり、大変な部分もあったと思います。
ただ、蓮香さんコメントにもあるように、実際の仕事内容がわかったり、自分がどんなスキルを身につけるべきかがわかった貴重な経験だったと思います。

蓮香さん、おつかれさまでした!
引き続き、医療管理科での勉強、頑張ってくださいね☆

2017年3月26日日曜日

平成28年度編入学合格者インタビュー part.8 【和歌山大学】

大学編入試験合格者にインタビューpart.8

今回は和歌山学経済学部に編入合格しました、野村芳広さん(私立八女学院高等学校出身)です。
  
 

  
Q.なぜ、予備校ではなく大学編入科を選んだのですか?
A.FCBの大学編入科は、主に受験勉強中心の予備校と違い、様々なイベントが行われたり、クラスの仲間と一緒に編入試験に向けて勉強したりと、豊かな人間性の形成ができると考えたからですね!
 
Q.FCBの魅力は?
 A.FCBは多くの資格取得ができるところだと思います。そのためのカリキュラムもしっかりしているので、編入後の就職活動の際に役に立つと思っています。また、先生方が一人ひとりをしっかり対応してくれるので、安心して相談ができます。その点も魅力の一つですね!
 
Q.合格の秘訣は何ですか?
A.私が受験した和歌山大学は推薦入試でしたので面接とTOEICで受験しました。秘訣とあげるとすれば、自分のやりたいことを明確にし、研究することを本で調べたりまとめたりした後、先生や友人に確認してもらい、面接に臨んだことが良かったのだと思います。そうすることで、面接官に何を聞かれても無難に対応できると思います!
 
Q.将来の夢や目標を教えてください。
A.私は、都市再生を学べるゼミの専攻を考えています。都市再生におけるイベントの運営に携わり、日本の町の活性化を図りたいと思っています。国内・海外のあらゆる文献を読み、幅広い知識をつけて商店街の活気があるイギリス留学してみたいと思います。
 
Q.FCB入学を目指す人へメッセージをお願いします。
A.FCBに入学した人たちは一度大きな挫折を味わっています。その悔しさをぶつけて頑張ることが出来るので、自分にとっても最良な道を切り開くことが出来ると思います。ぜひ、その思いを結果につなげてください!
 
 

2017年3月19日日曜日

平成28年度編入学合格者インタビュー part.7 【長崎大学・新潟大学】

大学編入試験合格者にインタビューpart.7

今回は長崎学経済学部・新潟大学経済学部に編入合格しました、古賀 章泰さん(福岡県立三池工業高等学校出身)です。
 
 
 

  
Q.なぜ、予備校ではなく大学編入科を選んだのですか?
A.私は工業高校出身ということで、高校時代は大学受験勉強をまったくしていませんでした。そのため予備校に1年行っても結果を出すことは難しいと思い、予備校は考えませんでした。
 
Q.合格の秘訣は何ですか?
A.2年間という時間があるので、編入試験対策をしっかりと準備できることですね!先生方との距離も近く、疑問点や大学の傾向などをいろいろと質問していました。1年次は通学していましたが、途中から一人暮らしを始めて行き帰りの時間を省いたことで、より勉強に集中できました。また、部屋にテレビやWi-Fiを設置しなかったことが合格の秘訣かもしれません(笑)。
 
Q.将来の夢や目標を教えてください。
A.私は、世界を相手にした国際公務員を考えており、グローバルな人材として社会貢献していきたいと思っています。なので、海外留学・海外ボランティアに挑戦し、見識を広めたいと思います。
 
Q.FCB入学を目指す人へメッセージをお願いします。
A.工業高校出身の私でも国立大学に合格することが出来ました!それも同じクラスに目標を高めあえる友人がたくさんいたからだと思います。目標が同じ国公立大学合格なので、助けいあいながら勉強することが出来ました。先生方が真摯に向き合ってサポートしてくださる環境があったから現役の時よりもワンランク上の大学に合格することが出来ました。皆さんもそういう環境で学んでみませんか?頑張ってください!!
 
 

2017年3月10日金曜日

平成28年度編入学合格者インタビュー part.6 【長崎大学・和歌山大学】

大学編入試験合格者にインタビューpart.6

今回は長崎学経済学部・和歌山大学経済学部に編入合格しました、奥田 賢志さん(長崎県立諫早農業高等学校出身)です。
 
 

  
Q.なぜ、予備校ではなく大学編入科を選んだのですか?
A.僕は、高校を卒業後に就職しましたが、大学に興味を持ち進学をしようと考えました。ただ中学生のころからほとんど勉強に真剣に取り組んだことがなく、実業系の高校に進学をしたこともあり受験勉強をすることもありませんでした。なので、センター試験の科目を一から勉強するのは無理があると考えました。その時に大学編入をいう道があることを知り、大学卒業後の年齢を考えた際、予備校に行くよりも早く卒業が可能ということで大学編入科に入学しました!
 
Q.FCBの魅力や良さはどんなところですか?
A.ここは編入試験までの授業日程が決まっているので、自分であれこれ動くことが無いため、編入試験対策や授業に集中できる環境ですね。先生方のサポートも手厚く、分からないところもいろいろ教えて頂きました!
 
Q.合格の秘訣は何ですか?
A.僕は朝8時から登校し夜20時まで残って勉強していました。元々の力がクラスメイトよりも少なかった分、勉強に取り組む時間を確保したことですね。やる気を持って取り組めたことが秘訣ですね(笑)。編入試験までは約1年半しかないので、的を絞った勉強が求められますし課題も多かったのでクリアしていくことは大変でしたが、貼り出される順位を見ては勝手にライバルを決めてやる気を維持していましたよ!
 
Q.将来の夢や目標を教えてください。
A.どんなことをするかはまだ決まっていませんが、将来は起業したいと考えています。大学ではFCBで取得した資格の上位級を目指したり、難易度の高い資格にもチャレンジしたいです!
 
Q.FCB入学を目指す人へメッセージをお願いします。
A.僕は、高校卒業後働き始めてから社会を知り、なぜもっと勉強をしてこなかったのかと、すごく後悔しました。将来のことはその時にならないと分かりませんが「今、何を学ぶのか」、「どんな人と出会うのか」ということで、将来の方向性は大きく変わると思います。僕は、高校では留年しそうになるくらい勉強が苦手でしたが、長崎大学と和歌山大学に合格することが出来ました!FCBで出会った先生方、仲間に感謝したいです。これから入学を検討している方も、本気で頑張ればきっと合格できると思います。頑張ってください!!
 
 
 
 

2017年3月3日金曜日

平成28年度編入学合格者インタビュー part.5 【横浜国立大学・同志社大学】

大学編入試験合格者にインタビューpart.5

今回は横浜国立学経済学部・同志社大学法学部に編入合格しました、甲斐 未来さん(熊本県立大津高等学校出身)です。

 

 
 
Q.なぜ、予備校ではなく大学編入科を選んだのですか?
A.少しでも早く法律や政治のことを学びたいと思ったことと、浪人すれば両親に金銭的負担をかけてしまうため、浪人はできないなと思い大学編入科に入学しました!
 
Q.FCBの魅力や良さはどんなところですか?
A.やはり、先生方が親身になっていろいろアドバイスしてくれることですね!志望校合格に向けてどのように勉強を進めていけば良いか、また悩んでいることを自分のことのように考えて頂きました。いろいろな先生方には大変お世話になりました!
 
Q.合格の秘訣は何ですか?
A.あえて挙げるなら、勉強習慣をつけたことですかね。具体的には、冷暖房が整っていることや新聞も見放題だったので、平日は閉館時間まで残って勉強したことや休日も学校で勉強するなどうまく利用しながら取り組めたことが良かったのかもしれないです。ただ、勉強ばっかりではなく、友人と遊びに行ったりと息抜きもしっかり取っていたことも合格の秘訣かなと思いますよ!
 
Q.編入先の大学ではどんなキャンパスライフを送りたいですか?
A.FCBではずっと法律や英語ばかりを勉強してきたので、経済も勉強していきたいなと思っています。経済を学ぶことで法律の観点だけではなくまた違った視点で物事が見えてくるようになるかなと思います。
 
Q.将来の夢や目標を教えてください。
A.現段階では民間企業への就職を考えています。様々な業種の企業研究を行い、法律と経済を駆使できるような人材を目指していきたいです。また、政治にも関心があり将来的に政治の世界に挑戦したいと思っていますので、法律や政治の分野もより一層理解を深めたいです。
 
 
 
 

2017年2月24日金曜日

平成28年度編入学合格者インタビュー part.4 【佐賀大学】

大学編入試験合格者にインタビューpart.4

今回は佐賀学文化教育学部に編入合格しました、古賀 陸さん(佐賀県立佐賀北高等学校出身)です。


 
 
Q.なぜ、予備校ではなく大学編入科を選んだのですか?
A.現役の時、志望校だった佐賀大学に合格できず、浪人するか悩んでいました。その時、TVCMが流れていたのを見て編入を知ったんですが、どういうことか分からなかったので学校説明会に参加しました!クラス担任制や、1年遅れずに大学を卒業できることを知って、ここだ!と思いました(笑)。
 
Q.FCBの魅力や良さはどんなところですか?
A.クラスで信頼できる仲間がいたことですね!助けあいながら勉強を進めることが出来るのもFCBならではだと思います。また色々と資格取得にもチャレンジできるので卒業した後のことも安心ですね!
 
Q.合格の秘訣は何ですか?
A.入学して冬休み前まではどちらかといえば英単語やTOEIC、簿記など検定に向けた勉強を
中心にやっていました。単位取得も必要なので専門の経済・経営も並行して取り組みました。年明けからは志望校対策としてニュース時事を中心に調べてノートにまとめたり、過去問を解いたりとやることは多かったですね!ただ、その分の息抜きもしっかりしましたよ(笑)。
 
Q.将来の夢や目標を教えてください。
A.将来は中学校の体育教師を考えています!教職課程を取らないといけないので授業数が大変ですが、夢に向けてしっかりと取り組んでいきたいと思います。
 
Q.FCB入学を目指す人へメッセージをお願いします。
A.大学編入科はいろいろな大学を受験でき、また頑張れば現役時よりも上の大学に進学することが可能です!FCBは良い先生方が誠心誠意対応してくださいます。安心して入学できると思います!学校説明会でいろいろ質問をぶつけてみてください。
 
 

2017年2月12日日曜日

平成28年度編入学合格者インタビュー part.3 【神戸大学・広島大学・中央大学】

大学編入試験合格者にインタビューpart.3

今回は神戸大学経済学部・広島大学経済学部・中央大学経済学部の3大学に編入合格しました、鈴木 理恵さん(大分県立竹田高等学校出身)です。


 
 
 
 
 
Q.なぜ、予備校ではなく大学編入科を選んだのですか?
A.高校時代から神戸大学に行きたいと思っていましたがうまくいかず、予備校か編入科で悩んでいました。だけど、予備校に入っても神戸大学は難しいと思っていた時に流れていたTVCMを見てここならと思って入学しました。
 
Q.FCBの魅力や良さはどんなところですか?
A.質問に対して、1対1でわかるまで教えて頂けるところですね!親身になっていろいろ考えてくれるので良かったです。また朝は7時から夜は8時まで勉強が出来ることや、先輩や卒業生の方がよくアドバイスをしていただいたことで、何をしなければならないかに気づくことが出来ました!
 
Q.勉強方法など具体的に頑張ったことを教えてください。
A.タイプによって分かれると思いますが、家で出来ないタイプだったので学校でほぼ毎日勉強していました!先生も大体職員室におられるので質問もしやすかったです。友達との時間もモチベーションを保つ秘訣かもしれません。
 
Q.将来の夢や目標を教えてください。
A.証券会社です!FCBで学んだことを生かしながら大学でも資格取得に励みたいです。
 
Q.FCB入学を目指す人へメッセージをお願いします。
A.大学編入は難関大学への可能性が広がると思います。仮にランクを落として大学に合格しても満足できなかったり、行きたい大学があるけど予備校まではいけないという人にはお勧めです!ぜひ頑張ってください。
 
 


2017年2月3日金曜日

平成28年度編入学合格者インタビュー part.2 【横浜国立大学・愛媛大学】

大学編入試験合格者にインタビューpart.2
 
今回は横浜国立大学・愛媛大学に編入合格した雨森 拓海さん(熊本・ルーテル学院高等学校出身)です。
 
 


Q.なぜ、予備校ではなく大学編入科を選んだのですか?
A.現役のころに受験した大学よりも上の大学に行きたいと思ったからですね(笑)。
自分が学びたかった法学も早い段階で学べたのもよかったです!
 
Q.FCBの魅力や良さはどんなところですか?
A.施設が綺麗なうえ、大濠という環境の良さです。勉強がしやすかったですね。
 
Q.勉強方法など具体的に頑張ったことを教えてください。
A.理解重視の勉強を実践しました。どうしても専門用語などが出てくるため、教材の分かりにくい箇所は自分の言葉で書き換えたりしながら、理解に努めました。
 
Q.将来の夢や目標を教えてください。
A.私は、裁判所事務官になることを目指しています。FCBで学んだ内容を基盤にし、ゼミや講義を通してもっともっと知識を深めていきたいと考えています。ただ、人生初のキャンパスライフでもあるので、私生活も思いっきり楽しみたいと思います(笑)。
 
Q.FCB入学を目指す人へメッセージをお願いします。
A.大学編入科は努力次第で国公立大学は難関私立大学にも編入が可能です。あきらめず、高い目標や夢を持って学校生活を楽しんでください!!
 
 

2017年1月21日土曜日

平成28年度編入学合格者インタビュー part.1 【筑波大学】

大学編入合格を勝ち取った大学編入科2年生にインタビューを行いました!
どのようにして2年間を過ごしたのか、これからの目標などを語っていただきました(^^♪
 
今回は筑波大学情報学に編入合格した村口智紀さん(福岡・上智福岡高等学校出身)です。
 


Q.なぜ、予備校ではなく大学編入科を選んだのですか?
A.予備校に行くよりもレベルの高い大学に編入できる可能性を感じたからです。勉強する科目も少なく対策もしやすいと思いました。カリキュラムの中に資格も取得できる授業もあり、就職に役に立ちそうだということも考えました。
 
Q.合格の秘訣はなんですか?
A.自分に厳しくあることですね(笑)特に遅刻・欠席がないよう努力しました!
 
Q.勉強方法など具体的に頑張ったことを教えてください。
A.編入試験がFCBの前期試験と簿記検定の直後だったため、入試の勉強と並行して勉強しないといけなかったので、毎日深夜まで資料作成や勉強していました。睡眠時間は3時間という日もありきつかったですね。編入試験は面接とプレゼンテーションだったので、英語が苦手な僕でも絞って取り組むことができました!
 
Q.将来の夢や目標を教えてください。
A.将来は公務員を目指しているので大学で公務員講座などで勉強し、社会に貢献できる人間を目指します!
 
Q.FCB入学を目指す人へメッセージをお願いします。
A.受験がうまくいかなくても、浪人することだけが全てではありません。今の自分よりもランクアップすることが大学編入科では可能です。頑張りましょう!!